せっかく税金を払うなら!ふるさと納税のすすめ

ふるさと納税とは何か?

最近急激に注目を集めるようになったキーワードのひとつが「ふるさと納税」です。テレビや雑誌で取り上げられることが多いので、「聞いたことはある」という人が多いのではないでしょうか。ふるさと納税とは全国の自治体に対して個人が寄附を行う制度で、2008年から始まりました。寄附した金額に応じて、寄附先の自治体から特典を受け取ることができ、さらに住民税や所得税の還付や控除を受けることができます。年収や家族構成などにより違いがありますが、場合によっては、少ない負担で多くの特典を受け取ることができます。

ふるさと納税で得られる特典とは

ふるさと納税による寄附は、全国どこの自治体にもできます。「ふるさと」という名称ですが、生まれた場所や生活したことがある場所ではない自治体への寄附も可能です。寄附をすると、自治体から謝礼として特典を受け取れます。特典の内容は寄附の金額などにより差がある場合がありますが、地元の特産品である食べ物がよくある例です。他には、アルコールや金券、パソコンなどが特典となります。複数の自治体に寄附してもかまわないので、いろいろな特典を入手することもできます。

お金の使用目的を選べます

自治体により違いがありますが、多くの自治体ではふるさと納税による寄附金の使い道を指定することができます。「災害からの復興のため」「教育のため」などの使用目的を選べるのは一般的な寄附金では考えにくい方式のため、自治体の発展に自分が関与しているという気持ちを強く持つことができます。自治体において寄附金(税金)の使われ方を意識することは、国全体の政治のあり方を意識するきっかけにもなります。個人が積極的に政治に関われる貴重な機会といえるのです。

ふるさと納税は確定申告時に所得税が還付され、翌年度の住民税から最大20%が還付されるお得な制度です。