辛い目の疲れや痛み!自分でマッサージで解消できるの?

もはや、現代病!目の疲れや痛み

パソコンやスマートフォンなどの普及で、毎日何時間も使っていますよね。画面を見ながら、仕事や操作をしているので集中していることもあり、意外に目を使っているのです。そのため、長時間画面を見ていると目が重くなったり、疲れたり、といった症状が出てきますよね。目を長時間使うことで視力の低下にも繋がり、目だけでなく肩こりや腰痛にも繋がってきます。小さいうちからスマートフォンやゲームをやっている子も多く、子供にも目に違和感を訴える子もいるんです。

目の疲れどうやったら解消できる?

目の疲れに効果があるとして、サプリメントを摂る!というのも1つの方法ですが、あまり即効性はないですし毎日続けないといけないので忘れてしまいがちですよね。即効性が欲しいですよね。目の疲れを感じたら、まず目を休ませることが大事です。目を閉じたり、遠くの方をみるといいですね。さらに、ホットタオルを目にあてると血行がよくなり、目の疲れが解消されます。ただ、職場とか出先ではホットタオルをあてるというのはなかなか難しいかもしれませんね。

マッサージが1番手軽

自宅はもちろん、出先でも簡単に出来て、効果があるのはマッサージ。マッサージといっても難しいものではないですし、5分もかからずに目がスッキリします。マッサージするのに、注意することは2つ。必ず清潔な手でやることと、目の周りは皮膚が薄いので力を入れすぎず優しくなでるように、などあまり負担をかけないことが大切ですね。1番簡単な方法は、目を閉じ鼻の付け根をつまんで軽く揉むようにマッサージします。他にも、指の腹を使って優しくおさえるようにぐるっと回ります。これなら人の目も気にならないですね。他にも、手にも目の疲れに効くツボがあるんです。合谷といわれる場所で、甲の親指と人差し指の骨の付け根の少し外側にある場所で、強く眺めに押すといいです。その時に合う、自分に合う方法を見つけ、目の疲れから解放されましょう。

赤坂のマッサージは、仕事帰りなどに利用される方も多く、疲れを癒してから帰宅することができます。駅前などにも多くあります。